コガネムシへの対策でご注文が増えています!ニューウインズパックについて

ニューウインズパック

いつもオーシャン貿易オンラインショップブログをご覧いただきありがとうございます!

 

現在7月下旬において、果実パックや化粧箱のご注文を非常にたくさんいただいていますが、
急にいきなり先週からご注文が殺到している商品があります。

 

 

 

こちら、ニューウインズパック です!
わかりやすく「コガネムシフェロモントラップ」とも紹介しております。

 

通常はコガネムシの被害が始まる前の5月頃にご注文を多くいただく商品です。
しかし、この時期にご注文が殺到しているということは、現在それぞれの圃場にコガネムシが発生し急いで対策をされている方が多いのではないかと思います。

 

そこで、ご注文される際の注意点やよくいただくお問い合わせをご紹介します!

 

 

コガネムシの被害はどんなもの?

コガネムシは成虫は葉を食害、幼虫は土の中で根を食害します。
繁殖力が高く大量発生すると樹木であっても枯らすことがあります。

コガネムシ食害の葉

コガネムシ食害の葉

ブルーベリーだけではなくさまざまな植物を食害します。

また、ブルーベリーで認可が下りているコガネムシ用の農薬は
ダイアジノン粒剤で、対象はコガネムシ類幼虫 となります。

 

/

ニューウインズパックとは?

/ニューウインズパック

 

ニューウインズパック  は富士フレーバー株式会社の商品で、コガネムシのフェロモンで成虫を引き寄せ捕まえるトラップです。

こちらの商品は「発生予察(モニタリング)用資材」として販売をされており、
目的の場所にどのコガネムシがどれだけ飛んでいるのかを効果的にモニタリングするための製品となります。

そのため農薬ではありませんのでコガネムシを殺すための薬剤は使用されておらず、特に環境を気にされておられる方に人気の資材となります。

 

誘引効果はかなり高く、こちらは当社農場でテストした際の結果です。

(注意)ここまでコガネムシがたまる前に容器にたまった虫は捨てるようにしてください。

 

ただし、注意点が一つ!
コガネムシのフェロモンの種類が12種あります。
園に飛んでいるコガネムシと違う種類のフェロモンを使っても全く捕まりません!

今まさにコガネムシが園に飛んでいるようであれば、それを捕まえていただき、
コガネムシの種類を特定してください。
今年の設置が遅れた場合でも、来年に向けて早めの設置を行う準備になるかと思います。

 

コガネムシの種類の特定は、当店オーシャン貿易オンラインショップではお請けできません。
メーカーの富士フレーバー社で特定いただくこともできますが、
地元の各組合様でも判別していただけることもあるようです。
/

コガネムシの種類を確定させてから当店までご注文くださいますようお願いいたします
/
本品は開封未開封問わず返品はききませんので、種類違いの誘引剤を購入いただいたとしても交換はできかねます。

 

 

こちらの富士フレーバー株式会社様のHP内でも、コガネムシについて詳しい説明がありますので
是非ご参考ください。

 

 

 

対象のコガネムシについて

 

 

ニューウインズパックで使用できる対象のコガネムシは下記の12種となります。

  1. マメコガネ
  2. ヒメコガネ
  3. ドウガネブイブイ
  4. チビサクラコガネ
  5. スジコガネ/ツヤコガネ
  6. ヒラタアオコガネ
  7. セマダラコガネ
  8. アシナガコガネ
  9. ナガチャコガネ
  10. オオサカスジコガネ
  11. シロテンハナムグリ
  12. アオドウガネ

 

複数のコガネムシが発生している場合は、それぞれ別にトラップを設置していただく必要があります。

誘引力の目安は距離にして50~100m程度、異なる種類の誘引剤を設置する場合は、目安20m離して設置してください。

 

また、誘引効果は当年中続き、2022年に買われた誘引剤は2022年内は効果が続きます。
※シロテンハナムグリのみ効果期間は1カ月です。

使用期限はパッケージに記載されていますが、2022年度に購入された誘引剤を翌年2023年に使用することはできません。

 

 

ご注文はこちら。
初めての方は本体容器+誘引剤のスターターキットを。
既に本体容器をお持ちの方は詰替え誘引剤のみをご購入ください。

 

 

 

 

次回はニューウインズパックについてよくいただくご質問をご紹介します!